出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミング

出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミングは実は結構難しいのです。
どんなタイミングで交換すると上手くいくのか紹介したいと思います。

出逢ってすぐに聞き出してはいけない

例えば合コンに参加したら、初対面の相手に対して、メルアド教えてと声をかける人も少なくないでしょう。
メルアドを聞かないと次に出逢える保証はないわけですし、合コンの場合は友達の紹介などある程度相手の身元は分かっている相手です。
そのため合コンの最中に結構会話が弾んだ場合は、メルアドを教えてくれる可能性は高いでしょう。

しかし出逢い系サイトで知り合ってすぐの相手にメルアド教えてというのはNGです。
なぜかというと、出逢い系サイトでお互いによく知らない相手と出逢い系サイト内のサービス機能を利用してやり取りしているわけです。
メルアドは個人情報になるので悪用されたら大変です。そのためよく知らない相手には教えたくないという警戒心が働くのは当然です。

メルアド交換を焦ってはいけない

そのため男性は出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミングを焦ってはいけません。
相手が警戒心を解いてきたなと感じてからメルアド交換をするようにしましょう。
メルアド交換に成功したという事は、相手が自分の事を信用してくれた、出逢えるためのハードルを1つ超える事が出来たと言えるでしょう。

メールの文章力について

あなたは文章を書くのが得意ですか?
メールは苦手だという人もいるかもしれませんが、メールが苦手な人だと出逢い系サイトを攻略するのが難しくなってしまいます。

メールから始める関係性

なぜなら出逢い系サイトはお互いの事をまずメールから知っていくからです。
メールにはその人の性格や考え方がよく反映されます。
そのため内面を知るツールとしてとても有効的なのです。
もちろんメールを書くのが苦手だから、内面の魅力がない人というわけではありません。
しかしメールを書くのが苦手だと内面の魅力をメールでアピール出来ない人という事になり出逢い系サイトでは不利だと言えるでしょう。

下手でも下手なりに

ですが、メールを書くのが苦手だから、出逢い系サイトの出逢いは諦めるべきだと言っているわけではありません。
メールを書くのが苦手なら練習をすればいいのです。
どんな文章なら好感を持ってもらえるのか?
出逢い系サイトではシビアにジャッジされます。
魅力的でないメールに対しては返信がこないからです。つまりメールの返信がくるように努力する事が大切です。
文章を上手く書こうと思わずに、下手でも読みやすい、相手に伝わりやすい文章を心を込めて書くようにしましょう。

ファーストメールの重要性


気になる異性に送る、一通目のメール―所謂ファーストメールは、今後を左右する大きなイベントです。返信がもらえなければ、関係どころか交流も得られませんからね。まずは『返信を貰うこと』に重点を置きましょう。
返信を貰うコツは多々ありますが、下記は特に出逢いのためには重要です。ファーストメール送信前には、必ずチェックを入れましょう。

挨拶はかかさない

「初めまして」でもいいですし、時間帯の挨拶―こんにちは・こんばんは―でも構いません。挨拶の有無でメールの印象はがらりと変わるので、必ず何かしらを入れて下さい。

自己紹介は簡潔に

メールによる自己紹介は、要点だけを簡潔に伝えましょう。だらだらとすべてを伝える必要はありません。相手があなたに興味を抱けば、自ずとプロフィールページを閲覧してくれます。

共通の話題をアピールする

趣味・興味・特技なんでもかまいません。「僕であれば、あなたと共通の話題を楽しめます!(=あなたのプロフィールページを閲覧しました=割と本気です)」というアピールが大切です。
とはいえ、一方的なアピールはNG。「僕は××ですが、(相手)さんはどうですか?」など、返信する隙を残しましょう。

『簡潔』且つ『濃く』

出逢い系サイトを利用する女性が増加中・・・とは聞くものの、やはり男性の利用が圧倒的です。女性を射止めるためには、そうしたライバルを蹴落とさねばなりません。
ライバルを蹴落とすため(=ライバルに蹴落とされないため)の勝負は、ファーストメールから始まっています。至って普通の内容では、返信をもらうどころか開封すらしてもらえません。
ファーストメールの必須条件は下記の通りです。『自分が受け取っても嬉しいメール』を心がけましょう。

本文を要約した『件名


メールを開封してもらえるかどうかは、すべて件名に掛かっています。「こんにちは」―などメール内容が知れない件名では、まず開封してもらえません。メール内容を予想できる件名を設定し、開封を促しましょう。

相手の『何』に惹かれたか伝える

写真画像に惹かれたのであれば、特に惹かれたポイント―体のパーツ―を褒めましょう。もちろんセクハラはNGです。
趣味や特技に惹かれた場合や、共通の何かを持っている場合は、その点をアピールしましょう。
「自分は××が好きですが、(相手)さんは何が好きですか?」といった流れで質問を与えれば、そこから返信を促すことも出来ます。
晴れて返信がもらえたら、セカンドメールを送りましょう。その際もっとも強くアピールすべくは、『ファーストメールへの返信に対する感謝』です。「この人は、私からのメールをこんなにも喜んでくれる」と伝えることが出来れば、長期的なメール交流に発展し出逢いが訪れるでしょう。

デートを連想させない

最終的な目標はデートであれ、ファーストメールでそれを匂わせてはいけません。相手が女性であれば尚のこと、警戒させてしまいます。交流が深まれば、デートは自然と発生します。
ファーストメールもそうですが、メール交換は『誠実さ』が大切です。怪しまれるような言動は避けてください。

デートまでの道のり


出逢い系サイトを利用している男性は、実際に会うこと―デート―を目標としています。それに対し、女性は「暇つぶしが出来れば」「良い人だったら会う“かも”」という姿勢であることが多く、上手く誘い出すにはコツが必要です。

何はともあれ、まずは信頼を獲得しましょう。女性から信頼を得ることが出来れば、一般的な要求は通るようになります。
例えば、出逢い系サイトではお馴染みの『写メ』交換。信頼を獲得してからの要求であれあ、女性は喜々と写メを送ってくれることでしょう。

しかし、信頼がないにも関わらず要求した場合はどうなるでしょう。
写メの要求に、女性は訝しげな表情を浮かべるに違いありません。「私の写メを見て、どうしようっていうんだろう」「どこかに晒されたら、どうしよう」と思うわけです。
この流れは、デートに誘う際も同様のことが言えます。

信頼がないにも関わらず誘えば、女性は真っ先に「セックスが目当てに違いない」と感じます。事実、出逢い系サイトにはそうした男性が多いですからね。純粋な―お茶や食事をメインとした―誘いであろうと、それが女性に伝わることはありません。

女性に信頼されているか確かめる術は多々ありますが、手っ取り早いのは『写メ』です。
女性から写メを送ってくれる関係であれば、十分な信頼を得ていると判断出来ます。逆に「今度でもいい?」なんてとぼけられた場合は要注意です。もっともっと、信頼を獲得する努力をしましょう。

出逢い系サイトのユーザーの思惑は


出逢い系サイト=男性ばかりと思い込んでいる人も、多いのではないでしょうか。昔は、酷いサイトになると男性9:女性1以下なんてこともありましたしね。

僕はその頃から出逢い系サイトを使っていますが、ここ数年の流れにはとても驚いています。女性ユーザーがここまで増えるなど、誰が想像できたでしょうか。

もちろん、未だ歪んだ比率のサイトも多いです。しかし大手サイトになると、男性6:女性4は当たり前。中には5:5と非常にバランスが取れたサイトもあります。

そうした女性たちとメッセージ交換をしていて知ったのは、女性も出逢いに飢えている現実でした。

「周りは年上&既婚ばっかり!」とお嘆きの女性もいれば、「婚活サイトって(料金が)高い!OLは使うなってかっ」と、婚活サイト代わりに使っている女性もいました。あとは、不倫にお熱の奥様ですね。僕は興味ありませんが、奥さんばっかり狙っている男性もいるようです。

それから、ネットゲーム仲間を求めている女性も多いと感じます。それならゲームの交流サイトで探せばいいのに・・・と聞いたら、そうしたサイトは上級者が威圧的で、雰囲気が悪いんですって。どこの世界も、上下関係ってあるんだなーと妙に納得しました。

このように、出逢い系サイトのユーザーは様々な思惑から出逢い探しを行っています。きっと、探せない出逢いのほうが少ないでしょうね。気になる方は、まず登録してみるといいと思います。

出逢い系サイト以外も活用しよう

出逢いを得られるインターネットサービスは、出逢い系サイトだけではありません。出逢い系サイトで思う様に成果を出せない時は、思い切って舞台変更をしてみましょう。

どういったサービスを利用するかは、あなたと相手次第です。

例えば、相手がネットゲームを好むようであれば、一緒に遊ぶ中で親睦を深める方法が効果的です。その際は、レアなアイテムで相手を釣る・・・という下心丸見えの行為は避けましょう。あくまでも自然体で接し、距離を縮めることに意味があります。

相手が何に興味を持っているか不明の場合は、スマートフォンで流行中の『LINE』が役立ちます。

LINEであれば、大抵の人はすでにIDを取得しています。「もっと気軽にメッセージを交換できるといいね」などの流れから、自然に誘ってみましょう。相手がパソコンユーザーの場合は、同様にスカイプへ誘ってみるといいかもしれません。

何れの場合も、相手に警戒心を与えない誘い方が求められます。また誘いに応じてもらえた場合も、不要な警戒心を抱かせないようご注意ください。

なかでも注意したいのが、連絡先の交換です。電話番号や住所などの個人情報を、こちらから聞きだすようなことをしてはいけません。相手はあなたに対し、警戒心だけでなく不信感も抱きます。

仲が深まり、時がくれば相手から情報を渡してくれます。その時までは、じっと待ちましょう。せっかちな人は、基本的にインターネットの出逢い探しに向きません。

続きを読む

女の人こそ出逢い系


皆さんも出逢い系サイトを利用した事があることでしょう。いえ、今もこの時間も出逢い系サイトに熱中している方もいるかと思います。
それだけ出逢い系サイトって人を惹きつけると思うんですよね。
実際Yukoさんも完全無料出逢い系サイトを利用してみて本当に人生が変わった一人なんですよね。
彼氏も作った事あるし、はっきり言って結婚相手も出逢い系サイトで捕まえたんですよね。
こんなに出逢い系サイトを活用できている人ってはっきり言ってそんなにいないと思うんですよね。
だって、たいていサクラに騙されたとか、出会えないからやめたとか、迷惑メールとかが来るからウザいとかそういう事があってなかなか出逢い系サイトを活用しきれていないと思うんですよね。

女性も同様で男性からのメールがウザいとか、女性を軽視しているメールが多いとかでなかなか実際に出会うと言う人とか、理想の人とか出会う可能性って低いと思うんだよね。
でも出逢い系サイトを続けていればきっとよさそうな人って見つかると思うんだよね。
実際にYukoさんも出会えたわけだし。
そういう出逢いもきっとたくさん生まれていると思うし、出逢い系サイトが悪いって言う印象が強いだけでそうじゃない事もあるって事を知って欲しい。
だから、女の人ももっともっと出逢い系サイトを使って欲しいと思う。

【体験談】暇で始めた出逢い系サイト。でも・・・

Yukoさんが出逢い系サイトを利用し始めた目的は単純に暇だったからなの。
特別出逢い系サイトに興味があるとか、男性とどうこうなりたいからとか、そういったことは本当に無かった。
今までOLを三年続けているけど、ここ最近は友達も結婚しちゃってほとんど家と会社の往復で終わり。

休日もレンタルビデオショップでDVDを借りて見たり、本屋で立ち読みと本当に詰まんない生活だったの。
そんな時ある雑誌の広告に出逢い系サイトが紹介されているのを見て、なんとなく登録して利用し始めた。
イメージ的に出逢い系サイトって飢えている男性が女性をハントするために利用するって言うイメージが濃かったけど実際に利用してみるとそうでは無く女性主導で進められている事にびっくりした。

どういう事かと言うと、男性からメールを貰うのではなく女性が気になった男性にメールを送りそこからメールのやりとりがスタートするって事。
だから男性からのしつこいアプローチメールに悩む事もないし、興味の無い男性からメールが送られてくる事もない。
しかもサポート体制も凄くて、女性の立場をちゃんと理解してくれているから本当に女性に優しい作りになっているんだと安心して利用することができた。
実際、Yukoさんも利用し始めて二カ月で意中の相手ができたし、実際にあうのにもそれからそんなに時間は掛かっていない。
初めはただの暇つぶしだったのに、まさかまさかの彼氏になってしまいました。
同じような境遇の女性って他にもたくさんいると思う。

毎日が退屈で変わりなくて、変化が欲しい人。
人と出会うってこんなに素晴らしいんだと思わせてくれた完全無料出逢い系サイト。
あなたも利用してみてね。

続きを読む

体験談:彼氏探しに有効な出逢い系サイトでした

暇つぶしで始めた出逢い系だけど恋人ができた

Yuiさんは26歳になる独身のOLです。
出逢い系サイトを使いはじめた理由は単純に暇つぶし目的でした。
特別に男性との交際に興味があったりとかセックスしたいとかという気持ちはゼロでした。
けれども最近は少しその考えも変化してきています。

周囲の友だちも結婚してしまって遊ぶ相手も少なくなってきました。
ほとんど自宅と会社の単純往復の平凡でつまらない生活のくり返しになっちゃってます。
会社が休みの日でもすることがなくてレンタルビデオを借りたり、本屋さんで立ち読みしたりと面白味もない生活でした。
ある日のこと女性雑誌の広告で出逢い系サイトが紹介されていました。
なんとなく暇つぶしになるかと思って登録したのが最初でした。

先入観があって出逢い系サイトは女性を物にしたい男性がネットでナンパするというイメージが強かったです。
けれども実際に使ってみると、イニシアティブを握っているのは女性の方だったのです。
出逢い系では圧倒的に女性の数が少ないから、女性は数多くのアプローチの中から自分が気に入った相手に返事をするだけでいいからです。
執拗なアプローチメールがあってもスルーすればOKです。

サポート体制も万全で、女性優先に考えてくれる世界ですから安心して利用できます。
事実、Yuiさんの場合でも2カ月程度で希望の相手とメールができたし、デートするのも早かったです。
暇つぶしの利用から、本当に彼氏ができちゃいました。
退屈な毎日に嫌気がさしている女子の皆様は是非とも使ってみて欲しいです。

出逢い系で彼氏ができ、休日が楽しみに

Satsukiさんは家を出るきっかけをつかめないまま生活をしてきて、早くもアラサ―となってしまいました。
恥ずかしい話ですが、今まで彼氏と呼べる人ができたことがなく、出逢いにも縁遠い生活を送ってきました。
親のいうままに、高校、大学は近くの学校を選択し、職場も比較的近くを選びました。
そうして毎日を真面目に生きてきたのですが、ふとその生活に空しさを覚えてしまったのです。
そんな生活の打開策として、Satsukiさんは出逢い系サイトに登録しました。

登録したサイトは、10年以上続く定額制の優良サイトです。
プロフィールに特徴を記入していくと、取り柄のない自分に恥ずかしくなりましたが、平凡なSatsukiさんはにもメールをくれる人がいて安心しました。
その内何人かの男性とメール交換をして、中でも一番気になった人と本格的にやり取りをするようになったのです。
その人は、恋愛経験の乏しいSatsukiさんはに優しく、さまざまな事を教えてくれる方だったのです。
彼に映画を見に行こうと誘われたのがきっかけで、会うことになりました。

二人がよく知る場所を待ち合わせに選び、映画を見に行きました。
初デートの終わりに「今度はディズニーランドに行こう」と誘われて…。
今まで、休みは母親の買い物に付き合う事ぐらいだったのですが、彼と出会ってからは、休日が待ち通しくてたまりません。
以前は興味がなかった洋服やおしゃれにも気を使うようになりました。

まだサイトを利用して数カ月しか経っていませんが、人生が逆転したようです。
Satsukiさんはのように、今の生活に変化が欲しいと思っている人は、出逢い系サイトを利用することをお勧めします。

続きを読む

ファーストメールからデートまでの流れ

出逢い系サイトで良さそうな異性をみつけたら、早いうちにメールでアプローチしましょう。とはいえ、在り来たりな―つまらない―メールでは無意味です。
一通目に送信するメール『ファーストメール』には、あなたのイメージを強く印象付ける内容がが求められます。
例えば……

『はじめまして、××といいます。掲示板を見てメールしました。趣味は××と××、あと(相手)さんと同じくドライブも好きです。メール待っています』

……なんてメール。
失礼な点はありませんが、印象もありません。多少の自己紹介は含まれていますが、メールを受け取った相手からすれば「だから何なんだ?」で終わりです。返信がもらえることは、まずありません。

しかし……

『(相手)さん初めまして!僕もドライブが趣味なので、共通の話題で盛り上がれるのではと思いメールしました。
僕は××へよく車を走らせますが、(相手)さんはお気に入りスポットなどありますか?お勧めがあれば、ぜひ教えて下さい!』

……というメールであればどうでしょう。相手と同じ趣味だということを全面に出し、且つ「お勧めが〜」の件で返信を促しています。
ファーストメールのポイントは、共通の話題に対する―あなたのプロフィールページを閲覧しました、という―アピールと、返信を促す質問文を含ませることの2点です。始めに紹介した例のような“一方的・押し付け”メールにならないよう、くれぐれもご注意ください。

件名が左右する『開封』『未開封』

出逢い系サイトで知り合った異性とは、文字を通じて交流することになります。口下手な人間には嬉しい要素ですが、喜んでばかりもいられません。
文字による交流は思いのほか難易度が高く、「生活圏内ではモテモテなのに、出逢い系では全く駄目だ!!」―なんて嘆いてる人も珍しくないのです。
そこで今回は、ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

件名に力を入れるべし

メールであれ掲示板であれ、異性に閲覧してもらうためには『興味を引く』件名が必要です。「はじめまして」「よろしく」「こんにちは」といった有り触れた―つまらない―件名では、誰も閲覧してくれません。
では、どういった件名なら閲覧を誘えるか―となると、それは『記事内容を要約した』ものになります。

例えば、下記のもの。

  • ××(場所)で遊べる人いませんか?迎えに行きます!(交通手段の有無をアピール)
  • ××(趣味や特技)好きな人、××(場所)辺りで会えませんか?

こうした件名であれば、条件に当てはまる人の閲覧を誘えます。尚だらだらとした件名は嫌われるので、簡潔にまとめる癖をつけましょう。

顔文字・絵文字はほどほどに

それなりに交流が続いている相手に対してはともかく、始めて接触する相手にはNG。そうしたメールを好む人もいますが、大半の人は鬱陶しさを感じています。
どうしても使いたい場合は、ここだ!という数か所に留めましょう。

デートまでに要する日数は?

出逢い系サイトといえば、気になるのは『デートまでに要する日数』では無いでしょうか?どれくらいの手間と時間を掛ければデート出来るのか、出逢い系サイト利用者でなくとも気になるところです。

私も非常に気になるところですが、はっきりとした日数を申し上げることは出来ません。相性はもちろん、誘うタイミングほか『運』も重要な要素になります。
即日にデートする男女もいれば、何ヶ月―何年もの間メール交換にとどまっている男女もいることでしょう。男女ともに奥手だった……なんて場合には、デートの『デ』の字も登場しないでしょうからね。

事実、私にも10か月近くメール交換に留まっている女性がいます……。しかし長年の知り合いは押せ押せの攻略で、早くて数日、遅くとも2週間以内にデートに繋いでいるそうです。なんとも羨ましい!

知り合い曰く、ごく一般的な礼儀さえ守ればデートへの誘いは難しくないそうです。「まずは信頼を得る。で、誘う。それだけだ!」と豪語しておりました。
私のように奥手の自覚がある場合は、ぐいぐい押してくれる異性を探したほうがいいかもしれません。双方が奥手だと、本当に関係の進展が難しいですよ……。

続きを読む

まず不快を与えないアプローチをすることが基本


年配の利用も増えていますが、出逢い系サイトはまだまだ『若者』が中心です。あなたの年齢によっては、接触する異性の大半が年下・・・なんてこともあるでしょう。
ここで注意したいのが、そうした年下異性に対する『態度』です。社会の大半は年功序列でまわっていますが、出逢い系サイトにこの要素はありません。年上だからといって、上から押さえつけるような接し方をしてはならないのです。

それは実際のデートだけでなく、デート前の交流―メール交換―に関しても同様です。年下異性が相手であっても、基本は「です」「ます」調。敬語で語りかけ、紳士を演じましょう。敬語は礼儀を表すだけでなく『年上の余裕』を演出することも可能なので、損はありません。
敬語以外で注意すべくは、相談事を持ちかけられた時の返信です。年上としては、アドバイスついでに「自分の武勇伝」を語りたいところですが、その際は自慢話に発展しないよう気をつけて下さい。

返信率を上げたい場合は、メールに『質問』を含ませましょう。この時のポイントは、一方的に質問するのではなく「自分は〜〜だけど(相手)さんはどうですか?」といった感じに、自分の答えを先に教えることです。出逢い系サイトの基本は『自分の情報を先に公開。要求はその次』という流れであることを忘れてはいけません。
余談ですが、ファーストメールでの顔文字・絵文字は、NGとまでは言いませんが非推奨です。女性=可愛いものが好き=顔文字・絵文字も好き・・・というわけではないのでご注意ください。

メールで交流するために

出逢い系サイトでは、何よりも積極性が求められます。「そのうち誰かがメールをくれるはず」―という姿勢では、何も始まらないことを肝に銘じておきましょう。
相手に宛てる一通目のメールは『ファーストメール』と呼ばれ、どんなメールよりも重要視されます。
女性から男性に宛てるメールは、ほぼ100%の開封が期待できます。出逢い系サイトは男性多数:女性少数ですからね。男性は皆、女性からのメールに飢えているのです。
逆に、男性が女性に宛てた場合。開封率は驚くほど低くなります。何故なら女性のもとには連日、何十通ものメールが届いているからです。
出逢いのためのファーストメールに関するNGは多々ありますが、特に以下を注意して下さい。

×定型文

定型文を使用したメールは何よりも嫌われます。特別扱いを好む女性にとって、“誰にでも使用できる・使用されたかもしれない”定型文は侮辱以外の何物でもないからです。

×ため口

女性の神経を逆なでします。年下相手であっても必ず敬語を使用してください。

×顔文字・絵文字

不真面目な感じが拭えませんし、顔文字・絵文字を嫌悪する女性も多いです。

×長文

女性は気まぐれ且つ短気な生き物なので、長文メールを嫌います。ダラダラと綴らず、必要なことだけを簡潔に伝える癖を付けましょう。
求められるのは、紳士的なメールです。送信前には、失礼な点がないか必ずチェックを行いましょう。

続きを読む

▲ページトップに戻る