ファーストメールからデートまでの流れ

出逢い系サイトで良さそうな異性をみつけたら、早いうちにメールでアプローチしましょう。とはいえ、在り来たりな―つまらない―メールでは無意味です。
一通目に送信するメール『ファーストメール』には、あなたのイメージを強く印象付ける内容がが求められます。
例えば……

『はじめまして、××といいます。掲示板を見てメールしました。趣味は××と××、あと(相手)さんと同じくドライブも好きです。メール待っています』

……なんてメール。
失礼な点はありませんが、印象もありません。多少の自己紹介は含まれていますが、メールを受け取った相手からすれば「だから何なんだ?」で終わりです。返信がもらえることは、まずありません。

しかし……

『(相手)さん初めまして!僕もドライブが趣味なので、共通の話題で盛り上がれるのではと思いメールしました。
僕は××へよく車を走らせますが、(相手)さんはお気に入りスポットなどありますか?お勧めがあれば、ぜひ教えて下さい!』

……というメールであればどうでしょう。相手と同じ趣味だということを全面に出し、且つ「お勧めが〜」の件で返信を促しています。
ファーストメールのポイントは、共通の話題に対する―あなたのプロフィールページを閲覧しました、という―アピールと、返信を促す質問文を含ませることの2点です。始めに紹介した例のような“一方的・押し付け”メールにならないよう、くれぐれもご注意ください。

件名が左右する『開封』『未開封』

出逢い系サイトで知り合った異性とは、文字を通じて交流することになります。口下手な人間には嬉しい要素ですが、喜んでばかりもいられません。
文字による交流は思いのほか難易度が高く、「生活圏内ではモテモテなのに、出逢い系では全く駄目だ!!」―なんて嘆いてる人も珍しくないのです。
そこで今回は、ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

件名に力を入れるべし

メールであれ掲示板であれ、異性に閲覧してもらうためには『興味を引く』件名が必要です。「はじめまして」「よろしく」「こんにちは」といった有り触れた―つまらない―件名では、誰も閲覧してくれません。
では、どういった件名なら閲覧を誘えるか―となると、それは『記事内容を要約した』ものになります。

例えば、下記のもの。

  • ××(場所)で遊べる人いませんか?迎えに行きます!(交通手段の有無をアピール)
  • ××(趣味や特技)好きな人、××(場所)辺りで会えませんか?

こうした件名であれば、条件に当てはまる人の閲覧を誘えます。尚だらだらとした件名は嫌われるので、簡潔にまとめる癖をつけましょう。

顔文字・絵文字はほどほどに

それなりに交流が続いている相手に対してはともかく、始めて接触する相手にはNG。そうしたメールを好む人もいますが、大半の人は鬱陶しさを感じています。
どうしても使いたい場合は、ここだ!という数か所に留めましょう。

デートまでに要する日数は?

出逢い系サイトといえば、気になるのは『デートまでに要する日数』では無いでしょうか?どれくらいの手間と時間を掛ければデート出来るのか、出逢い系サイト利用者でなくとも気になるところです。

私も非常に気になるところですが、はっきりとした日数を申し上げることは出来ません。相性はもちろん、誘うタイミングほか『運』も重要な要素になります。
即日にデートする男女もいれば、何ヶ月―何年もの間メール交換にとどまっている男女もいることでしょう。男女ともに奥手だった……なんて場合には、デートの『デ』の字も登場しないでしょうからね。

事実、私にも10か月近くメール交換に留まっている女性がいます……。しかし長年の知り合いは押せ押せの攻略で、早くて数日、遅くとも2週間以内にデートに繋いでいるそうです。なんとも羨ましい!

知り合い曰く、ごく一般的な礼儀さえ守ればデートへの誘いは難しくないそうです。「まずは信頼を得る。で、誘う。それだけだ!」と豪語しておりました。
私のように奥手の自覚がある場合は、ぐいぐい押してくれる異性を探したほうがいいかもしれません。双方が奥手だと、本当に関係の進展が難しいですよ……。

▲ページトップに戻る